2012年12月23日

Cygnus C

Cygnus C

"Cygnus" Type:C
自設計・全紙製・ハンドランチ機

通常尾翼・オーバーハンド投げ用の機体。
初期型より大幅に改良。もう別の機体と言っていいかも。
積層-三角ハイブリッド胴や180kgベースの立体主翼構造の
おかげで、軽くて強い機体。スパイラルも1〜2回耐える。
また、尾翼容積・揚力傾斜比を大きめにすることで
上昇ループ半径を大きくさせて高高度獲得を実現できた。
武蔵野中央公園での初フライトでは、MAXを記録するなど
素晴らしいフィーリングが得られた。
無風でも40秒以上狙えるかも。
行き詰った紙SALに代わって、当面の主力機になるかな。

主翼の絵は、応援中のマンガの
「がんばれ!負けるな!!色素薄子さん」
より。薄子さんかわいい。

※データは現行バージョンのもの

主翼展開長:336mm
水平尾翼容積:1.10
重心位置:65〜70%MAC
重量:18.2g
posted by DisionTheAbyss at 04:26| 宮城 ☁| Comment(0) | 機体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Simurgh-L

Simurgh-L

"Simurgh" Large
自設計・全紙製・ハンドランチ機

Simurghをベースに大型化して改良をさらに重ねる。
強化三角胴や360kg紙Y尾翼の採用等、SALに特化した機体。
おかげでとても重い。翼面荷重17.0g/dm^2。
…が、これでも投擲直後のねじり力に負けて胴体や尾翼が
フライト毎に少しずつ歪んでいく。
うまくいく時はうまくいって高高度獲得からいい滑空をするので、
ポテンシャルはあるようなのだが…如何せん運用の難易度が高い。
調整ミスや歪みが原因でスパイラルダイブが起こり易く、
そのスパイラルダイブは胴体を確実に壊すのも、難しい理由。
改良とフライトの繰り返しで紙SALの可能性を模索してきたが、
ちょっと行き詰ったかも。


※データは現行バージョンのもの
主翼展開長:336mm
水平尾翼容積:1.00
重心位置:70%MAC
重量:24.0g
posted by DisionTheAbyss at 04:10| 宮城 ☁| Comment(0) | 機体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

Cygnus

NEC_0006.JPG

"Cygnus"
自設計・全紙製・ハンドランチ機

通常尾翼、オーバーハンド投げ用の機体。
クラブの方より伝授された三角-積層ハイブリッド胴を採用し、
大型でも軽量かつ高剛性な機体を実現。
滑空性能と高度獲得能力を両立させ、より高い次元を目指す。

ネームは白鳥をイメージ。


※データは現行バージョンのもの

主翼展開長:320mm
水平尾翼容積:1.01
重心位置:65%MAC
重量:16.0g
使用紙:
三角胴,主翼メインパーツ等…ケンラン180kg
積層胴,主翼外翼,スパー等…ケンラン225kg
posted by DisionTheAbyss at 02:14| 宮城 ☀| Comment(1) | 機体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。