2012年03月15日

遠征ログ20120311@武蔵野

mixi過去記事よりまるコピ。


いまさらですがログを・・・・。



もはや恒例となった武蔵野原っぱ襲撃。今回は就活のついでです。

小型機紙SAL始めて8カ月、
フライトと改良の繰り返しにより、機体設計も調整法も固まって
きたところで良いテストの機会がやってきました。

まずは事前調整済みの機体から。少し調整し直したら良い感じに。
獲得高度もバッチリで、「急速な進歩だなあ」と武蔵野HLG勢からの
お言葉を頂く。加えて、近頃切り紙HLGに厳しい評価をする
折り紙勢こまP氏に牽制射撃(笑)



その後新たに作った機体をテスト。
工作精度が悪かったのか、強い右旋回の傾向。
焦らずラダーを左に切り、なんとか飛ばせるようになったものの
コンディションも変わったのか、高く上げても機体が沈むような
感じで浮きが悪い。

そこで、「重心を前進させよ」とNUE氏からアドバイス。
バラストを追加し、再調整して投げてみると・・・
滑空が劇的に良くなった。
浮かない時に走らせるセッティングにするのがここまで有効だとは。

また、方向安定が良くなり調整もし易くなった感じ。
機体のバランスを安定側に持っていくことで、
その後の調整をイージーにしてから滑空をベターにしていく、
ということのようです・・・なるほど。

機体重量増加などのデメリットだけに囚われず、飛行を「カガク」して
与えられたコンディションの中で最適を目指すこと、
あるいは目指せるような機体設計にすることの重要さを
認識させられました。



調子が良くなってきた所で武蔵野HLG勢に声をかけられ、
一斉投擲に混じることに。

1回目。
おお、高度勝ったぞ!
・・・あれ?もしかして滞空時間も勝っちゃった!?

その一度だけであり、そして非公式ながらも、勝負で勝ったという事実は
負け癖がついてる私にとって非常に嬉しい物でした。

その後は機体を破損させちゃったり失投したりで残念でしたが、
互角の勝負が出来た時もあり、少しだけ自信がつきました。



今回も、非常に有意義な経験が出来ました。
こまP氏、NUE氏、ありがとうございました。





〜オマケ〜

その後、とびもの学会に行ってまいりました。
この手のイベントには行った事が無いので、少し緊張して挙動不審な
感じでしたが、それなりに楽しめました。

何よりも、「このジャンルが好きで集まった人々」だからなのだろうか、
ブースで販売してる人、プレゼンコーナーで発表してる人、
あちらこちらで雑談してる人、みんな楽しそうで、とてもいい雰囲気でした。

CK氏もそんな中の一員として頑張ってました。
ペーパークラフトセットも完売し、本人は疲労が見えつつもやはり幸せそう。
次は広場で会いましょうぞ!!
posted by DisionTheAbyss at 03:51| 宮城 ☀| Comment(0) | フライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。