2011年11月06日

Saena

P1040724.JPG

Saena(サエーナ)
自設計・木製胴・ハンドランチ機


Simurghをベースに少し拡大して再設計。
SAL発進時に変形し易かった垂直・水平尾翼の形状改良や、
主翼構造変更(内翼・外翼一体型に),重心位置前進など。
木製胴可のレギュレーションに合わせ、胴体は
1.5mmバルサ2枚をセメダインCで接着したものを採用。
試作機によるテストでは上昇・滑空とも良好。
無風時30sec台の性能を目指す。


ネームの由来はSimurghの別名The bird Saenaより。


※データは現行バージョンのもの

主翼展開長:272mm
水平尾翼容積:1.06
重心位置:70%MAC
重量:11.7g
使用紙:十字屋 紙飛行機用紙ケンラン225kg
胴体:1.5mmバルサ 2枚
posted by DisionTheAbyss at 12:27| 宮城 🌁| Comment(0) | 機体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。