2011年09月25日

元気が出る絵 with 紙飛行機プロジェクト in 仙台空港

P1040421.JPG

ご無沙汰しております。

今回は、先日仙台空港にて開催された
「元気が出る絵with紙飛行機プロジェクト」
にお邪魔してきたことのレポートを書こうと思います。


このプロジェクトは、日本折り紙ヒコーキ協会会長である戸田拓夫さんが
提案・企画し、これに賛同した漫画家さん達と共に
「紙飛行機の絵で被災者を勇気づけよう」
というテーマのもと、被災県各地の空港にて応援イラスト展示や
折り紙飛行機教室の開催を行うといったものです。
以前より私は、紙飛行機を使用した支援プロジェクトということで
注目してました。それで、居住地から近い仙台空港での開催を知ったので、
お邪魔してみた次第です。


原付で1時間半程、まだ津波被害の爪痕が生々しく残る地域を通って
仙台空港に到着。そのときちょうど開催時刻の10時でしたが、
まだ準備されているようでした。
P1040413.JPG

若干緊張してて挙動不審でしたが、スタッフの方の準備が落ち着いた頃に
思い切って声をかけてみました。
まずは、この界隈では有名な宇野さんや岸本さんとお話することに成功。
そして、いよいよギネス記録保持者である戸田さんとも・・・!!
なんと直々にスカイキングの折り方・飛ばし方までご指導頂きました。
感激です。
スタッフの皆様、お忙しい中お時間を頂いてしまい申し訳ございませんでした。


個人的な話はさくっと終わらせて、イベント自体のレポに移ります。
紙飛行機を題材とした絵の展示と共に、目を引くのがこのジャンボ紙飛行機。
これを宇宙から地球へ飛ばすプロジェクトがあるようです。
P1040423.JPG

折り紙飛行機教室の方はこんな感じです。ちょっと人が少なかったかな?
まあ空港なので、イベント目当てで来た人でないと参加し辛いですね。
P1040432.JPG

リングへ投擲するゲームもありました。子供が教室で作った機体で遊んでます。
P1040438.JPG

正午からは、アーティスト「Clover」のボーカルによる簡易ソロライブが開演。
紙ヒコーキ協会への書き下ろしテーマソング「夢ヒコーキ」等を熱唱されてました。
P1040443.JPG

途中で戸田さんからメッセージも。
折り紙飛行機で、何ができるか。折り紙飛行機を通して、何を伝えられるか。
素晴らしいスピーチでした。
P1040445.JPG


私はこの後離脱しましたので、レポは以上になります。

イベント参加自体のみならず、折り紙飛行機界隈の著名な方々と
交流できたことを非常にうれしく思います。
そして、「企画」とはどういうものか、自分の今後のためのヒントを
得ることができました。


(武蔵野のM氏、いろいろありがとうございました)


それではまた。
posted by DisionTheAbyss at 07:58| 宮城 ☀| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。