2011年07月07日

Simurgh

P1030097a.JPG

Simurgh(シムルグ)
自設計・オールペーパー・ハンドランチ機


OberonおよびTitaniaの後継機。
上昇時の安定が良いYテールをOberonから引き続き採用。
そして、同機の欠点であった胴体強度問題を解決するため
ショートモーメント化と胴体平面形の改良を試みた。
結果として各翼面積が大きめとなったが、
重量および強度とのバランスは取れている(と思う)。


ネームの由来はペルシアの神話に登場する巨鳥より。


※データは現行バージョンのもの

主翼展開長:256mm
水平尾翼容積:1.10
重心位置:75%MAC
重量:11.3g
使用紙:主翼内翼…十字屋 紙飛行機用紙ケンラン180kg
    その他…十字屋 紙飛行機用紙ケンラン225kg
posted by DisionTheAbyss at 01:18| 宮城 ☁| Comment(2) | 機体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。紙飛行機を検索していて、ここにたどり着きました。オリジナル紙飛行機のカラーリングがとてもハイセンスですね。見とれてしましました。私も紙飛行機を設計して公開していますが、美しい紙飛行機はなかなかお目にかかれません。これからも楽しみにしています。こちらのHPやブログにもおいでください。
Posted by 佐賀紙飛行機を飛ばす会 at 2011年08月08日 17:58
佐賀紙飛行機を飛ばす会さん:
はじめまして.
以前よりそちらのHP・ブログとも参考にさせて頂いております.

ご感想ありがとうございます.
しかし機体は作れても私の実力不足で
記録のほうがまだまだですので
精進していきたいと思います.
Posted by DisionTheAbyss at 2011年08月09日 23:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。