2012年04月14日

Phoenix 2012年版

P1050250.JPG

"Phoenix"
自設計・全紙製・ハンドランチ機

少し前に作ったもの。オーバーハンド向けの普通の機体。
翼の強化で重めのSAL機と比較して軽量で低抵抗。
滑空も良く、MAX記録も経験。


※データは現行バージョンのもの

主翼展開長:280mm
水平尾翼容積:1.00
重心位置:65%MAC
重量:12.8g
使用紙:
  胴体…イラストボード1mm2枚+ケンラン225kg1枚
  他…ケンラン225kg
posted by DisionTheAbyss at 20:55| 宮城 ☁| Comment(2) | 機体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

Simurgh NS1-5

P1050439.JPG

Nano-SAL紙飛行機シリーズ
NS1-5 "Simurgh"
自設計・全紙製・ハンドランチ機

かつて公開した物をSAL向けに特化し、改良を重ねてこの型へ。
SALにより高初速で発進させて高高度の獲得と確実な返りを狙う。
静気流環境で40sec以上の性能を目標としている。


※データは現行バージョンのもの

主翼展開長:280mm
水平尾翼容積:1.00
重心位置:65%MAC
重量:13.6g
使用紙:
  胴体…イラストボード1mm2枚+ケンラン225kg1枚
  他…ケンラン180kg
posted by DisionTheAbyss at 22:57| 宮城 ☔| Comment(0) | 機体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

フライトログ20120401@加瀬沼

mixiのをまるコピ。

2012/04/01 加瀬沼公園 解禁日 (釣り場みたいだ
さっそく行ってきました。

8時半着。
気温が低く、風も2〜3m/sほどありましたが予報通りの晴れです。
大きい温度変化が予測され、10時ごろからのサーマルの期待大。

おっと先客、七北田ではあまり見ないA野さんがいらっしゃいました。
バルサカタパルト機をメインに飛ばしてます。
最近クラブの中では紙飛行機よりこっちがメインになっている気がするので、
クラブ名を変えた方が良いのでは・・・w



で、自分のフライト。
まずは武蔵野で飛ばした既存機。
七北田で飛ばした時に、突っ込みが強かったので追加バラストは外して
65%程度に戻してます。
今回も沈むことなくいい感じの高度・滑空。
10投ほど記録を取ってみたが、20秒以下無しの最大40秒ちょい。

kasenuma02.jpg

で、ひとまずそれを仕舞って尾翼180kgの黄色い機体の調整。
滑空テストから80%投擲へ。
風に負けず上昇で暴れる事も無く、高度が取れた。滑空も抜群。
しかし・・・投げるごとに微妙に調整がズレてる?スパイラルしかける時も。
変形アリ?
見た感じ垂直尾翼の方で、ラダー直すと元通りになる。
接地ダメージかな。それを考えると多少重くても225kgの方が「楽」かな。

1フライトごとに調整シーケンスをやり直しつつ詰めて行く。
そしてある時・・・




風の妖精にもっていかれました\(^o^)/





失投気味で初期高度はそこまで取れなかったものの、そこから降りてこない。
旋回しながら少しずつ北へ流され、おまけに1分後あたりから高度をどんどん
上げて行き…ストップウォッチ3分回ったあたりで場外ロスト。


kasenuma03.jpg

やっちゃった。



でもちょっと嬉しい。



その後は再び既存機を飛ばす。やはりサーマルが出ているようで、
1分超えも数回。
昼近くになり広場に人が集まり始め、注目の的にwwww

で、こちらに声をかけてきた親子にR-590ベースのキメラ機を渡す。
石巻から来られたそうで、お住まいの周囲の公園が仮設住宅地となり
子供を遊ばせたくてここまで来たとか。最初の方は凧揚げしてました。
親が凧を飛ばしている時に、子供はずっとこっち見てたそうです。

すごいおとなしい子だったが、軽いレクチャー後に機体を手に取ると
一心不乱で投げだした。
初めは全然ダメだったが、投げを重ねるごとに高度がアップし、
5m以上投げ上げて頂点で返して10秒程滞空させることも達成したり。
将来有望だね(



そんなこんなで、天気が崩れそうな気配を見て正午過ぎに撤退。
今回もいい気晴らしになりました。



まとめ
○計測時初の3分越え達成(七北田だと1分で場外)
○Simurghの基本設計はもういじる余地無いかな
○Simurghの垂直尾翼は胴体中央225kg紙と一体化するのがいいかな
○現状のグリップ方法は翼端の翼弦が大きい機体には適用できない
○現状のグリップ方法は主翼後縁が強化されてないと力に負けて翼が捩れる
○重心移動と腰の回転を意識したらさらに初速とリリース安定が上がった
○R-590の胴体は最強、練習用機は抵抗とか考えないであんな感じで良いかも
○温度、湿度、気圧を見て重心等の調整方針を決めたい。つまりアレ欲しい
○ハンドランチ機3機が缶コーヒー3缶に変化した
○帰りの道中に良いメシ屋がなくて気づいたら寮に到着してた
posted by DisionTheAbyss at 11:37| 宮城 ☀| Comment(0) | フライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。