2011年07月07日

Simurgh

P1030097a.JPG

Simurgh(シムルグ)
自設計・オールペーパー・ハンドランチ機


OberonおよびTitaniaの後継機。
上昇時の安定が良いYテールをOberonから引き続き採用。
そして、同機の欠点であった胴体強度問題を解決するため
ショートモーメント化と胴体平面形の改良を試みた。
結果として各翼面積が大きめとなったが、
重量および強度とのバランスは取れている(と思う)。


ネームの由来はペルシアの神話に登場する巨鳥より。


※データは現行バージョンのもの

主翼展開長:256mm
水平尾翼容積:1.10
重心位置:75%MAC
重量:11.3g
使用紙:主翼内翼…十字屋 紙飛行機用紙ケンラン180kg
    その他…十字屋 紙飛行機用紙ケンラン225kg
posted by DisionTheAbyss at 01:18| 宮城 ☁| Comment(2) | 機体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。